大阪万博の特別ナンバープレートの評判は?センスはあり?なし?申請の仕方についても

社会

2025年の4月13日から10月13日にかけて、夢洲にて大阪万博が開かれます。

アジア初の開催となった1970年の大阪万博から時間が経過し、2005年の愛・地球博以来約20年ぶりの国際博覧会となります。

この特別なイベントを記念して、車のナンバープレートも特別デザインが導入されました。

大阪万博にちなんだナンバープレートの人気、コスト、申請方法などについて調査しました。

PR

大阪万博ナンバープレートの評価は?おしゃれか?キュートか?

大阪万博の記念ナンバープレートのデザインは雲を思わせる曲線と、右上に大阪万博のオフィシャルキャラクター「ミャクミャク」が描かれています。

ご当地ナンバーとしても過去に使用されたデザインとは異なり、一風変わったアート性が感じられます。

左側に「EXPO 2025」の文字が入り、記念ナンバープレートとしての特徴が明確です。

このナンバープレートは2022年10月に国土交通省によって公開されました。

大阪の住民や国民全体の反応はどうだったのでしょうか?このデザインの評判について調べてみました。

大阪万博ナンバープレートのポジティブな反応

キュートと感じる人も多いようです。通常のナンバープレートとは違い、新しい魅力を感じられたという意見もありました。

大阪万博ナンバープレートのネガティブな反応

しかし、一部には奇異なデザインだと感じたり、ミャクミャクの赤いデザインが不快に感じる人もいたようです。

公式キャラクター「ミャクミャク」って何?

「ミャクミャク」は、2022年3月に発表された大阪万博のマスコットキャラクターで、水と細胞を象徴しています。その独特の姿には賛否が分かれており、恐怖を感じる人もいるようです。

総合的に見れば、評価は賛否混在のようでした。ナンバープレートの変更は任意で、「ミャクミャクが可愛い!」、「記念にしたい!」と考える方は、後述する申請方法をぜひ参考にしてみてください。

特別展示会(西部地方展示会)の特製ナンバープレートの価格と詳細

特製ナンバープレートの価格やデザインなどの内容をご紹介します!

このナンバープレートの価格は地域によって異なり、7,700円から15,400円の範囲で設定されているようです。

詳細な価格はこちらのURLで確認できます!

特製ナンバープレートは、1,000円以上の寄付を加えることで、フルカラー版を選べます。

寄付金がない場合、赤色だったデザイン部分がモノクロになるそうです。

さらに、自家用車、商用車、軽自動車にも対応しており、枠の色がそれぞれ異なりますが、デザインは同一です。但し、事業用の軽自動車や二輪車は対象外です。

このナンバープレートには光る特別仕様はありません。

一方、この特製ナンバープレートは地域限定ではなく、全国共通のデザインで利用可能です。

地元以外に住んでいる方も特別展示会の雰囲気を感じることができる素晴らしい取り組みですね!

特別展示会(西部地方展示会)の特製ナンバープレートの申込方法について

申し込み方法を一覧にまとめましたので、実際の申し込み時にご参考ください。

申込期間は2022年9月26日から2025年12月26日です。新規申込みや交換の場合も、必ず期間内に申請してください。

申し込みは以下の方法で可能です。

– ウェブサイトからの申込み

– 予約センター窓口での申込み

– 最寄りのディーラーや整備工場、行政書士に相談

新車・中古車購入時や現行の車の番号と同じ特製ナンバープレートに交換することも可能です。

申込から入金確認後、約12日間の製作期間があります。交付可能期間は通知から1ヶ月間ですので、確認が必要です。

受け取り場所は地域の予約センターで、その一覧はウェブサイトで確認できます。

まとめ

– 特別展示会のナンバープレートの評価は賛否が分かれる。

– 価格は7,700〜15,400円で地域によって異なる。

– 寄付金や車種に応じてデザインの色が変化する。

– ウェブ予約や予約センター窓口から予約可能。入金後約12日間で交付。

この限定ナンバープレートはデザインに賛否があるかもしれませんが、特別な期間限定品なので、興味を持った方はぜひチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました