健康

ヘム鉄と非ヘム鉄 よく吸収され貧血対策になるのはどちら

2021年6月29日

ヘム鉄と非ヘム鉄の場合,鉄分として吸収されやすいのは,ヘム鉄です。

ですから,貧血対策のために鉄を取る場合,非ヘム鉄を含む食品を食べることになります。

貧血対策として病院から処方されるのは,非ヘム鉄の方であるため,サプリや食品から取る必要があります。

ヘム鉄と非ヘム鉄の吸収のされ方とは

ヘム鉄と非ヘム鉄~意外知らない鉄剤の話~によると,消化管からの吸収では,ヘム鉄は非ヘム鉄の5~6倍の吸収率があると言われています。

これは,かなり大きな差ですね。

ですから,貧血対策には,ヘム鉄を取らねばならないわけですね。

ヘム鉄と非ヘム鉄の価格の違い

しかし,ヘム鉄の錠剤は,医療機関では処方されないため,一般の食品でとらなければなりません。

一般の食品でヘム鉄をとろうとすると,1錠数十円とけっこうお高くなります。

さらに,治療に必要な非ヘム鉄とどう程度に換算すると,非ヘム鉄1錠20円くらいなのに対し,ヘム鉄は,100円を超えるということになります。

こうしてみるとたしかにお高いですね。

ヘム鉄とは?非ヘム鉄とは?改めて確認

-健康
-, ,

© 2021 あしたや~明日をハック Powered by AFFINGER5